Arch Linux Install Battleするなどした

新しい年度の始まりですね

エイプリルフールとかいう、サーバー管理者泣かせのイベントから一日。新年度です。即ち、OSの再インストールに絶好の機会です。というわけで、OSを再インストールしました。以下は備忘録です。

ヅアルブート

Windows and Arch dual boot - ArchWikiを読め。

systemd-sysvcompat

shutdownとかhaltとかinitとか、systemd全盛期の今は誰も使ってないので、削除する。kernelオプションにinit=/usr/lib/systemd/systemdを加える事を忘れずに。

systemd-networkd

「dhcpcdなんてもう古い!時代はsystemd!」というわけで、systemd-networkdを使う。

手順

# systemctl enable dhcpcd@wlp3s0みたいな便利なアレは無いようなので、systemd-networkdを通じてwlp3s0でDHCPを使うように命じる。設定ファイルのアレやコレについてはman 5 systemd.networkを見ろ。

/etc/systemd/network/wlp3s0.network

[Match]
Name=wlp3s0
[Network]
DHCP=both

wpa_supplicantの設定ファイルを書き書きする。 詳しくは断捨離を見ろ。

systemd-resolvedresolv.conf/var/run/systemd/resolve/resolv.confに吐きやがるので、シンボリックリンクでごにょごにょする。

# ln -s /var/run/systemd/resolve/resolv.conf /etc/resolv.conf

†稼動†させる。

# systemctl start systemd-networkd.service
# systemctl start systemd-resolved.service
# systemctl start wpa_supplicant@wlp3s0.service

上手くいったらenable。

# systemctl enable systemd-networkd.service
# systemctl enable systemd-resolved.service
# systemctl enable wpa_supplicant@wlp3s0.service

様々な死に様

systemd-networkdが死んでいる場合

DHCPでIPアドレスが降ってこない

systemd-resolvedが死んでいる場合

名前解決できない

wpa_Supplicantが死んでいる場合

そもそも無線LANできない

systemd-timesyncd

「OpenNTPDなんてもう古い!時代はsystemd!」というわけで、systemd-timesyncdを使う。

手順

見に行くntpサーバーを設定する。

/etc/systemd/timesyncd.conf

[Time]
NTP=ntp.nict.jp

enableする。systemctlではなくtimedatectlを使う点に注意。

# timedatectl set-ntp true

権限管理

sudoしてshutdownを叩いたりmountを叩いたりするのはなんか気持ち悪い。というわけで、そのあたりを解決するソフトウェアを入れる。

電源管理

PolicyKitを入れれば、あとはsystemd-logindがよしなにやってくれる。

mount

udisks2を使う。mountする時は$ udisksctl mount -b /dev/sdxを使おう。

pacman, wpa_cli

素直にsudoを使え。

Synaptics

毎回バックアップを忘れる/etc/X11/xorg.conf.d/50-synaptics.conf、作り直すのが非常に面倒。

/etc/X11/xorg.conf.d/synaptics.conf

Section "InputClass"
        Identifier "touchpad"
        Driver "synaptics"
        MatchIsTouchpad "on"
        Option "TapButton1" "0"
        Option "TapButton2" "0"
        Option "TapButton3" "0"
        Option "ClickFinger1" "1"
        Option "ClickFinger2" "3"
        Option "ClickFinger3" "2"
        Option "PalmDetect" "true"
        Option "SoftButtonAreas" "60 100 0 100 40 59 0 100"
# This option is recommend on all Linux systems using evdev, but cannot be
# enabled by default. See the following link for details:
# http://who-t.blogspot.com/2010/11/how-to-ignore-configuration-errors.html
        MatchDevicePath "/dev/input/event*"
EndSection

結論

systemdはスゴい。